交通系電子マネーの「PASMO(パスモ)」でシステム障害が起きていたことが2019年10月7日までに分かった。特定の時間帯に、ある会社が提供する端末で決済した468枚のPASMOが使用できなくなっている。PASMO側は窓口で残金を払い戻したり、新しいカードに交換したりして対応している。

 2019年10月5日午後11時台に、ある会社が提供する端末で決済したPASMOが使えなくなった。PASMOの広報窓口を務める京王電鉄によると、決済端末を提供する会社でトラブル対応時に手順ミスがあり、誤った決済データをPASMOのシステムに送信してしまったことが原因という。