LiveParkは2019年10月2日、テレビ連動を含むイベント参加型ライブ配信アプリ「LIVEPARK(ライブパーク)」の提供を始めたと発表した。

 LiveParkは、視聴者参加型のライブCM・番組などを手掛けてきたHAROiDが分社して誕生したうちの1社。LIVEPARKは、ユーザー全員が一体感を持ちながらスマホ上でライブ配信に参加して楽しめる無料アプリとして提供する。「クオリティーの高い映像制作力」「低遅延のライブ映像配信システム」「映像にゲーム性をかけあわせる知見」を活用し、スマホ上でのインタラクティブ・オンライン・イベントを同アプリ上で展開していく。

 2019年10月はテレビ放送と完全同期したライブ実況企画(日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」TV連動企画)や、男性アイドルに対してリアルタイムに様々なオーダーができる企画(イケメン観察バラエティ『妄想実行委員会ー会議室のプリンス編ー』)、ユーザー同士が協力して閉じ込められた有名タレントを「救出」するイベント企画(共闘バトルQ-SHUTSU(キューシュツ))、国際的スポーツイベントと連動した応援企画などを予定する。