ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)とグーグル・クラウド・ジャパンは2019年10月2日、新設する銀行向けに開発を進める次世代バンキングシステムに関する説明会を開いた。FFGの新銀行は国内で初めて勘定系システムの基盤に「Google Cloud Platform(GCP)」を採用する。

グーグル・クラウド・ジャパンの阿部伸一社長(左)と、ふくおかフィナンシャルグループの横田浩二取締役執行役員
[画像のクリックで拡大表示]

 新銀行はネット専業。FFGのシステム開発子会社であるゼロバンク・デザインファクトリー(ZDF)、グーグル・クラウド・ジャパン、アクセンチュア(Accenture)が勘定系システムを開発する。2020年度中の設立を目指す計画だ。FFGの銀行は主な顧客が九州地域の個人・法人である。新銀行の設立で、顧客を全国のデジタルネイティブ世代に広げていく。

GCPでシステム構築を進める
[画像のクリックで拡大表示]

 FFG取締役執行役員、福岡銀行副頭取であるZDFの横田浩二社長は「全く新しい銀行を生み出す。デジタルトランスフォーメーション(DX)を通じて銀行の進化を促したい」と述べた。例えば「顧客への提供価値を高める」(同氏)ため、金融データと非金融データを組み合わせて、個別の顧客に最適なサービスを提供できるようにする。

 グーグル・クラウド・ジャパンの阿部伸一社長は「(金融と非金融など)業界の垣根を越えてデジタルサービスを提供する際、従来のシステムは時間やコストがかかってしまう。GCPを使えばリスクを抑制してビジネス変革を進められる」と話した。