横浜ケーブルビジョン(YCV)は2019年10月1日、YCVの地元で相鉄線天王町駅前に位置する天王町商店街協同組合から「商店街のネーミングライツ」を10月3日付で取得すると発表した。同商店街は、「YCVテレミン商店街」として生まれ変わる。

 商店街のネーミングライツ取得は、ケーブルテレビ事業者として全国初の取り組みとなる。YCVは地域おこしや地域貢献を目的に、商店街のPR番組の制作や定期的なイベント開催などを行う。ケーブルテレビ局のリソースを最大限に活用し、商店街との協働事業を展開することで、商店街の集客誘引、活性化を図る。

 YCVは、地元密着のケーブルテレビ局として商店街とともに相互の発展と地域活性化を目指す。

 日本ケーブルテレビ連盟も10月1日、地域創生に向けて、こうした地域コンテンツを架け橋としたケーブルテレビ局と地元自治体や地元企業などと事業連携する取り組みをより一層推進するため「地域・コンテンツビジネス推進委員会」を立ち上げたことを発表した。