アマゾン ウェブ サービス ジャパンは2019年9月27日、同社のパブリッククラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)」のうち、アプリケーションの動作環境を仮想化する技術である「コンテナ」に関する技術説明会を開いた。塚田朗弘シニアソリューションアーキテクトは「システムの開発段階とテスト段階、本番稼働段階のそれぞれで動作環境が異なると、思わぬトラブルが起こりやすい。コンテナは重要性が増しており、当社も周辺サービスの開発に注力してきた」とした。

メルカリは膨大な商品写真の機械学習のためにコンテナ技術と「Amazon EKS(Elastic Kubernetes Service)」を活用
[画像のクリックで拡大表示]

 コンテナを動かせるようにしておけば、プログラミングに使うパソコン、テストに使うサーバー、本番稼働に使うサーバーで、ハードウエアやOSにかかわらず同じコンテナを動かせる。AWSや他社のパブリッククラウド上にある仮想サーバーでもコンテナが動かせるようになってきている。

 コンテナ管理ソフトとしてはオープンソースソフトウエア(OSS)の「Docker」が有力で、事実上の標準になっている。AWSはDockerコンテナをクラウド上で管理・運用しやすくするためのサービスを強化しているという。

メルカリの名村卓CTO(最高技術責任者)
[画像のクリックで拡大表示]

 説明会ではメルカリの名村卓CTO(最高技術責任者)が登壇し、コンテナの活用事例を紹介した。同社はフリマアプリの売り手が商品写真として登録した数億枚もの写真データを、原則としてAWSのストレージサービス「Amazon S3」にためているとした。

 そのうえで買い手が「手元にある赤いコップと似た商品を探したい」とした場合に、AI(人工知能)を使って自動的に色や形が似た出品を検索する機能も提供している。大量の写真データを機械学習させて検索用のインデックス(目次)を生成するシステムをDockerコンテナで動作させていて、多数のコンテナを統合管理するために「Amazon EKS(Elastic Kubernetes Service)」を併用しているとした。

 名村CTOは「コンテナを使い始めてから技術者はサーバーの設定など煩雑な作業から開放されて、より付加価値の高い仕事に専念できるようになった」と話した。さらに「Amazon EKSを使ってからは、多数のコンテナを柔軟に組み合わせて使う場合の管理が楽になった」と続けた。メルカリは今後、写真検索以外の用途にもコンテナとAmazon EKSを活用していくという。