米アマゾン・ドット・コム(Amazon.com)は2019年9月25日(現地時間)、米本社で音声AI(人工知能)アシスタントなどハードウエア製品の発表会を開催した。スマートグラスやイヤホンなど8つの音声AIアシスタントデバイスのほか、IoT(インターネット・オブ・シングズ)デバイスを接続するための新型ネットワークへの取り組みなどを公表。操作に利用した音声の記録を自動的に消去するなどプライバシー向上機能の提供も明らかにした。

 米シアトルの本社エリアにあるイベント施設「The Spheres」で発表会を開催。アマゾンのデイブ・リンプ デバイス&サービス担当シニアバイスプレジデントは「テクノロジーでSimpler Smarter Saferを実現していく」と繰り返し強調した。

ハードウエア製品を発表する、米アマゾン・ドット・コムのデイブ・リンプ デバイス&サービス担当シニアバイスプレジデント
[画像のクリックで拡大表示]

 音声アシスタントAlexa(アレクサ)に対応するウエアラブル型の新たな製品として、イヤホン「Echo Buds」、スマートグラス「Echo Frames」(メガネ型デバイス)、リング「Echo Loop」(指輪型デバイス)の3製品を披露した。音声入力用のマイクを備え、好みの音楽を操作したり、ホームセキュリティーやスケジュールなどの通知を受けたりするものだ。

スマートグラスの「Echo Frames」。好みの音楽を指定したり、ホームセキュリティーやスケジュールの通知を受けたりすることができる
[画像のクリックで拡大表示]

 家電としては2019年の電子レンジに続いて、Alexa対応のオーブンレンジを投入する。アマゾン傘下の高級スーパー、ホールフーズ・マーケットにある食材についているバーコードをスキャンするだけで調理内容を設定できる。電子レンジは59.99ドルと低価格に設定したが、今回のオーブンは249.99ドルと他社の低価格製品と同等に設定した。オーブンレンジ自体には音声AI機能を搭載せず、Alexa対応の音声AIアシスタントデバイス「Echo」の端末も付属する。

Alexa対応のオーブンレンジ「Amazon Smart Oven」
[画像のクリックで拡大表示]

 「Echo」は、デジタル時計を備えたり、立体的な音楽を楽しめたりする新製品を投入する。Echoを利用するユーザーが最も利用するコマンドが時間を尋ねるものだという。

 Alexaのコマンドを覚えられないという声もあるなか、利用者の行動を分析してAlexa側からサービス設定を提案する機能も提供する。