フォトロン(本社東京)は、2D-CAD「図脳RAPID」シリーズの新版として、タブレット端末との連携を強化した「同PRO20」を2019年11月27日から提供する(ニュースリリース)。2020年春に公開予定のソフト「図脳RAPID for iPad」との連携機能を持たせており、「iPad」に図面を取り込むことでペーパーレス化の推進と紛失リスクの軽減を図れる()。価格は14万円(税別)。

 iPadに図面を取り込めば、工場内や建設現場での閲覧の他、朱書きでの注記も可能だ。iPadで記入した朱書きは、図脳RAPIDPRO20上で元の図面に重ね合わせて表示できる。図面の修正点を画面上で確認しながら作業できるので、紙の図面と見比べる手間がかからない。

 さらに、iPadに表示させた図面内のポイントを指定した状態で写真を撮影すると、自動でそのポイント別に写真を整理・格納する機能も用意した。撮影後に画像やタイムスタンプを頼りに写真を仕分けする作業がいらず、必要な補足情報を呼び出しやすい。写真だけでなく、音声によるコメントもデータとして保存可能なため、例えば、手袋をはめていてテキストを入力しにくいといった状況でも図面に記録を残せる。

図:「図脳RAPIDPRO20」と「iPad」の連携イメージ
(出所:フォトロン)
[画像のクリックで拡大表示]