カナダのディーウエーブシステムズ(D-Wave Systems)は2019年9月24日(米国時間)、量子アニーリング方式の量子コンピューターの次世代機の名称が「Advantage」になり、米ロスアラモス国立研究所(Los Alamos National Laboratory、LANL)が第1号顧客になると発表した。

D-Waveの量子プロセッサー
(出所:ディーウエーブシステムズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 D-Waveは5000量子ビットを搭載する予定のAdvantageを2020年半ばに出荷する計画。LANLは2015年にD-Waveの量子コンピューター「D-Wave 2X」を導入し、2019年5月には現時点の最新版であり量子ビットを2000個搭載する「D-Wave 2000Q」にアップグレードしている。LANLはD-Waveの量子コンピューターを3世代続けて利用することになる。LANLは既にD-Waveの量子コンピューター上で動く60種類のアプリケーションを開発済みだという。

 D-WaveはAdvantageで量子ビット間の結合形態(トポロジー)を大幅に変更し、量子ビットが他の量子ビットと結合する数を現在の6個から15個に増やす計画だ。Advantageは量子ビット間の結合数が増えることで、より規模の大きな組み合わせ最適化問題を、より少ない量子ビットの数で解けるようになる。D-WaveはAdvantageのクラウドサービスも提供する予定だ。