大阪ガスは2019年9月19日、これまでの電気料金メニュー「ベースプラン」「スタイルプラン」に加え、利用者の趣味や嗜好に合わせて他の企業・団体のサービスと連携した「ウィズプラン」を新設すると発表した。第1弾として、ラジオ有料コンテンツ「radikoプレミアム」をセットで提供する「ウィズradikoプラン」の受け付けを10月1日に始める。

 大阪ガスは、ウィズプランを他の企業・団体と一緒に楽しく豊かな暮らしを応援する電気料金メニューと位置づける。radikoはラジオ番組をインターネットで配信するサービス。月額350円(税別)のradikoプレミアム会員になると、全国のラジオ局が聞き放題になる。

 ウィズradikoプランに契約した場合、関西電力の従量電灯Aとradikoプレミアム年会費を合算した金額に比べ、電気使用量にかかわらず誰でもお得になると説明する。大阪ガスのベースプランとradikoプレミアム年会費を合算した金額との比較ではほぼ同等だが、ウィズradikoプランの契約者には抽選で人気ラジオ番組の限定イベントなどが当たる特典を用意した。

 大阪ガスは今後も様々な企業・団体とのアライアンスにより、ウィズプランのラインアップを拡充し、料金メニューの多様化を図る。