トヨタ自動車は2019年9月17日、米国テキサス州サンアントニオ市でライトトラックを生産しているToyota Motor Manufacturing, Texas(TMMTX)に、2021年までに3億9100万ドルを投資すると発表した。TMMTXに対するこれまでの総投資額は30億ドルを超える。

(写真:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の投資により新しい生産設備を導入し、工場の刷新を進める。ライトトラックの需要が大きい米国市場において、複数モデルの生産量を需要に応じて柔軟に対応させることで、生産の効率化を進め、TMMTXの中長期的な競争力向上を目指すとしている。今回の投資は、2017年1月と2019年3月にトヨタが発表した「2021年までの5年間に約130億ドルを米国に投資する」とした計画の一環となる。

 これとは別に、トヨタグループのアイシン・エィ・ダブリュも、テキサス州シボロ市に新たな生産拠点を建設すると発表した。新工場建設に伴い、2023年までの5年間に約4億ドルを上限として投資し、新たに900人を雇用する予定だ。

 サンアントニオ市の経済開発財団が委託した調査によると、こうしたトヨタグループの投資は、今後10年間で4万人以上の雇用と100億ドルを超える経済効果につながると予測される。現在、TMMTXでは3200人を直接雇用し、近隣にある23のサプライヤー工場での雇用は7200人以上となっている。