NTTドコモは2019年9月18日、5G(第5世代移動通信システム)のプレサービス(実証サービス)を2019年9月20日に始めると発表した。全国40カ所に5G基地局を設置し、一般ユーザーが参加できる体験イベントを全国で開催したり、外部企業と協業で進める5Gの用途開発に活用したりする。

5Gのプレサービス開始を発表したNTTドコモの吉沢和弘社長
[画像のクリックで拡大表示]

 「5Gを普及させるキラーコンテンツに確信を持てるよう、プレサービスでユーザー体験を検証したり、企業との用途開発を進めたりしたい」。発表会に登壇した吉沢和弘社長は意気込みをこう語った。9月20日に開幕するラグビーワールドカップ日本大会では、マルチアングルの試合映像をスマートフォンで視聴できるなどの体験イベントを一部の試合会場で催す。また約3000社が5Gの協業プログラムに参加しており、建設機械の遠隔操作やIoT(インターネット・オブ・シングズ)機器への応用といった用途開発も加速させる考えだ。

協業パートナーの1社である竹中工務店が開発を進める建機の遠隔操作システム。追従性を高めるために5G回線の性能が必要だという。
[画像のクリックで拡大表示]

 5G基地局40カ所のうち、8カ所はラグビーワールドカップの12の試合会場のうち8試合会場に設置した。残る32基地局は全国に分散して設置した。2020年春に予定する商用サービスでは基地局数を全国80局程度に増やし、1年後の2021年には1万局まで基地局を増やす計画だ。

 5Gに用いる周波数は、NTTドコモが割り当てを受けた「3.7ギガ/4.5ギガヘルツ帯」と「28ギガヘルツ帯」の両方を使う。プレサービスでの下り通信速度のは3.7ギガ/4.5ギガヘルツ帯で最大毎秒2.4ギガビット、28ギガヘルツ帯で最大毎秒3.2ギガビットである。プレサービスで使うため、スマートフォン3機種など計7000台を調達しており、ユーザー参加型のイベントにつかったり協業企業に貸し出したりする。一部のドコモショップでは常設の体験スペースを設けて高速通信をアピールする。