NTTドコモは2019年9月17日、2年更新の契約期間中に中途解約した場合に生じる違約金を引き下げる料金改定を発表した。2019年10月1日からの契約申し込みが対象で、「2年縛り」の違約金を1000円に下げた。加えて、ドコモが発行するクレジットカードで通信料金を支払う場合、期間拘束がなくても違約金が無料になる独自の割引プランも用意した。

 主力のスマートフォン向け料金プランである「ギガホ」「ギガライト」やフィーチャーフォン向けの「ケータイプラン」の違約金を現在の9500円から1000円に下げた。さらに、期間拘束がない単月契約の月額料金も値下げし、割安な2年縛りとの料金格差を従来の1500円アップから170円アップになる水準まで抑えた。ここまでは2019年10月1日に施行される改正電気通信事業法の規制ルールをそのまま踏襲した内容だ。

 独自の値下げ施策として、ドコモが発行するクレジットカード「dカード」「dカード GOLD」で通信料金を払った顧客を対象にした「dカードお支払割」を発表した。単月契約でも月額170円を割り引くため、2年縛り契約と同じ料金のまま解約金が不要になる格好だ。

 電気通信事業法への対応としてソフトバンクは違約金をゼロ円にする料金プランを導入し、KDDIは違約金を1000円にした一部料金プランを発表済みである。今回ドコモが導入する割引は、過度な囲い込みが禁止されたなかで、自社カードの普及も狙った新たな顧客のつなぎ留め策と言えそうだ。