インテルは2019年9月11日、2020年東京五輪に関するプレスイベントを開き、大会運営や観戦に投入する新技術のほかソリューションやパートナー企業を発表した。AI(人工知能)やVR(仮想現実感)といった技術を運営効率化や視聴体験の向上に役立てることで、最新技術のショーケースとして東京五輪を活用する。

イベントにはインテルの鈴木国正社長(左から4人目)の他、東京2020組織委員会の古宮正章副事務総長(左から3人目)やシスコシステムズのデイヴ・ウェスト社長(左端)らが登壇した
中央は東京2020公式マスコットの「ミライトワ」(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 東京五輪で新たに投入する技術として、「3DAT(3Dアスリートトラッキング)」を紹介した。カメラで撮影した選手の姿勢や動きを画像認識技術で分析し、可視化した情報を放送映像に映し出す。今回、オリンピック放送機構(OBS)と協力し、4台のパン・チルトカメラで100メートル走やスプリント競技の選手の動きを解析する。

 インテルは2018年の平昌五輪で、競技の様子をVRで配信する技術「インテル True VR」を投入し、オリンピックで初めてVR生中継を実現した。東京五輪では同技術を強化し、より臨場感の高い観戦体験を視聴者に提供するほか、大会会場を仮想空間上に再現してデジタルツインを構築し、会場運営者の事前研修にも役立てる。

 イベントには大会向けの技術を提供するパートナー企業も登壇した。NECは五輪の会場や選手村に導入する顔認証システム「NeoFace」を紹介した。会場の入場ゲートに顔認証装置を設置し、スムーズに認証できるようにする。東京五輪では選手やスタッフなど約30万人を認証する。

 シスコシステムズのデイヴ・ウェスト社長は、新国立競技場をはじめとする会場に同社が構築する通信ネットワークについて、「1964年の東京五輪で高速道路や新幹線などの社会基盤の建設が進み、4年後の1968年に日本は世界第2位の経済大国となった。今回、大会向けの通信基盤の構築によって、日本の2020年以降のデジタル化に貢献できることをうれしく思う」と話した。