米アップルは2019年9月10日(現地時間)、スペシャルイベントを開催し、iPhone XSおよびiPhone XS Maxの後継機種となる「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」を発表した。同時に発表されたiPhone 11とともに、新プロセッサー「A13 Bionic」を搭載した。予約は9月13日の午後9時、発売は9月20日に開始する。

iPhone 11 Pro
(出所:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

 ストレージサイズは64GB、256GB、512GBの3種類。iPhone 11 Proの価格はそれぞれ10万6800円、12万2800円、14万4800円。iPhone 11 Pro Maxの価格はそれぞれ11万9800円、13万5800円、15万7800円。XS/XS Maxの初登場時に比べ、5000〜8000円低い価格設定とした。カラーバリエーションは、ゴールド、スペースグレイ、シルバー、ミッドナイトグリーンの4種類。

iPhone XSとiPhone 11 Proの主な仕様と価格
[画像のクリックで拡大表示]
iPhone XS MaxとiPhone 11 Pro Maxの主な仕様と価格
(出所:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxはディスプレーに有機ELを採用した。画面サイズと解像度はXS/XS Maxを踏襲している。iPhone 11 Proは対角5.8インチの2436×1125(458ppi)、iPhone 11 Pro Maxは対角6.5インチの2688×1242(458ppi)である。

 きょう体のサイズと重さは、わずかだがXS/XS Maxより増えている。iPhone 11 Proは、サイズが幅71.4×高さ144.0×厚さ8.1mm、重さが188g。iPhone 11 Pro Maxは、サイズが幅77.8×高さ158.0×厚さ8.1mm、重さが226gである。バッテリーについては、それぞれ最大で4時間および5時間長持ちするという。

 カメラについて、超広角、広角、望遠のトリプルカメラを採用した。A13 Bionicの演算機能を生かし、3台のカメラを1台のカメラのようにシームレスに利用しているという。

トリプルカメラを採用した
(出所:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

 通信機能については、新たにWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)に対応。また、具体的な用途についてアップルは言及していないが、空間認識に対応したUWB(Ultra Wideband)チップを搭載しているという。

関連記事:アップルが「iPhone 11」を発表、新プロセッサー「A13 Bionic」搭載で7万4800円から