日立製作所は2019年9月12日、企業ロゴの不正利用やWebへの機密情報漏洩などを調べる「ブランドモニタリングサービス」を発表した。2019年10月1日に開始する。同社が開発したWeb検索技術とテキストや画像を解析するAI(人工知能)を用いてSNSやブログ、アプリストア、イントラネットなどを調査し、ブランド価値を損なう使い方や社外への機密情報漏洩などを見つけたら管理者に報告する。

 同サービスには、(1)「無許諾スマートフォンアプリ検知サービス」、(2)「ブランド適正利用管理サービス」、(3)「機密情報漏えい検知サービス」の3つがある。

ブランドモニタリングサービスのイメージ
(出所:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 (1)はGoogle PlayやApp Storeといったアプリストア内の情報を調べ、許可していないロゴや企業名を含むアプリを検知する。不正利用しているアプリを発見すると、メールやレポートで管理者に通知する。

 (2)はグループ企業などがブランドルールに従ったWebページを作成しているかを管理する。例えばロゴのサイズや配置、Webページデザインが決められたルールに従っているかなどを調べる。AIにルールを学習させ、従っていない違反コンテンツを自動検知できる。

 (3)は発表前の製品写真や社外秘資料などが外部に漏洩していないかを調べる。機密情報の特徴をAIに学習させ、企業名やロゴ、キーワードといった関連情報と組み合わせて不正情報を検知する。これによりいち早く機密情報の漏洩を把握できるという。