NTTドコモ、オムロン、ノキアソリューションズ&ネットワークスの3社は2019年9月10日、第5世代移動通信システム(5G)を工場内で活用するための実証実験を2019年内に始めると発表した。滋賀県草津市にあるオムロンの工場内に5Gの基地局を設置し、ファクトリーオートメーション(FA)への5Gの適用を検証することを検討している。

 実証実験では生産設備や自動搬送ロボットの管理、作業員の動作解析などの用途を検証する予定。草津工場にはFA・産業機器の製造ラインがあり、ここでの実証実験を検討している。FA・産業機器は近年、同一仕様の大量生産品ではなく個々のユーザー企業向けにカスタマイズ生産する製品が増えているという。これに対応するために製造ラインを並べ替えたり、工程間で仕掛品の輸送に自動搬送ロボットを活用したりする際に5Gを活用する。

 オムロンの福井信二執行役員は「これまで工場内のネットワークは有線LANで構築しており、ラインの組み替えが困難だった。現在活用中の自動搬送ロボットも無線LANで制御していたが、台数を増やすには無線LANがボトルネックとなっていた。5G活用でLANケーブルを敷設しなくても高速回線で各ラインを管理したり、より多くの自動搬送ロボットを活用したりできることを期待している」とした。

 NTTドコモはこれまでも5Gの産業向けの用途開拓を進めてきたが、実稼働している大規模な工場での実証実験は今回が初めてとなる。「工場は特殊な環境。機械類から発生するノイズによる電波干渉や金属による電波の乱反射、人や物体の移動による電波への影響などを検証し、工場内での5Gの通信環境改善に向けたノウハウを蓄積していく」(NTTドコモの中村武宏執行役員)としている。