「お客様の業務の効率化につながるサービスだ」――。THK 取締役 専務執行役員の寺町崇史氏はこう語る。同社は2019年9月10日、Webから直動案内「LMガイド」などの機械製品を発注できるサービス「Omni THK」に関する説明会を開催。新しいサービスの機能を紹介した他、米マイクロソフト(Microsoft)のクラウドサービス「Azure」上で同サービスを構築したことなどを話した。

THK 取締役 専務執行役員の寺町崇史氏
(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 新しいサービスは2019年7月に始めた。製品の選定や図面の参照、見積もりの取得、在庫確認、発注などの業務について、THKの営業担当と直に連絡を取らずに済ませられる。代理店を経由した従来の購入方法などと比べて、顧客はより短い納期で製品を購入できる。THKにとっても定型的な業務を減らせるメリットがあるという。

 新しいサービスの主な機能は次の4つ。[1]製品の在庫や価格、納期、カタログ情報を検索できる「Fast Delivery」、 [2]見積もりの取得と発注申請ができる「Orders」、[3]製品の図面データを検索する「Your Catalog」、[4]顧客の生産計画をTHKの製品供給予定を基に可視化する「Forecast」、である。

「Omni THK」の概要
(出所:THK)
[画像のクリックで拡大表示]

 「代理店が持つ在庫情報もOmni THKで共有する。お客様のあらゆる工程を支援するコミュニケーションプラットフォームだ。いわゆるEC(電子商取引)サイトではない」。寺町氏は新しいサービスのコンセプトをこのように説明した。

■修正履歴
記事初出時、本文冒頭のコメント、および写真のキャプションに、「THK社長の寺町彰博氏」と記載していましたが、正しくは「THK 取締役 専務執行役員の寺町崇史氏」でした。お詫びして訂正します。記事は修正済みです。