経路検索サービスのジョルダンは2019年9月10日、独自の路線バス位置管理システム「ジョルダンスタイル バスロケーションシステム」の機能を拡充し、バス事業者への販売活動を本格化すると発表した。2020年春をめどに、リアルタイムのバス位置情報やAI(人工知能)による到達時刻の予測情報などを経路検索サービスに反映し、利用者がバスの遅れを織り込んだ経路検索ができるようにする。

「ジョルダンスタイル バスロケーションシステム」の概要
[画像のクリックで拡大表示]

 「路線バスは鉄道網を補完する重要な公共交通機関だが、渋滞などでいつ到着するか分からないために利用しにくいという課題がある。利用者とバス事業者の双方に解決策を提供し、MaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)の実現に貢献したい」。同日開いた記者説明会でジョルダンの佐藤俊和社長はこう述べた。

ジョルダンの佐藤俊和社長
[画像のクリックで拡大表示]

 ジョルダンはバス事業者に対し、GPS(全地球測位システム)とLTE通信機能を内蔵した専用の車載端末を提供する。ソフトバンク回線を利用するMVNO(仮想移動体通信事業者)として通信サービスも提供し、リアルタイムのバス位置情報をサーバーに集約する。これをスマートフォンの経路検索サービスに反映し、「現在地近くのバス停から駅に行くバスに乗れば、渋滞で通常より10分時間が余計にかかるが、午後6時発の列車に間に合う」といった経路がすぐに分かるようになる。

バスロケーションシステム用の車載器を掲げるジョルダンの結川昌憲執行役員
[画像のクリックで拡大表示]

 バスロケーションシステムの分野ではNECや富士通などがシェアを握る。路線バス事業者はコミュニティーバスを含めると全国に1000社程度あるとみられ、システム未導入の中小・零細事業者が多い。ジョルダンは車載端末や通信サービスを一括で提供し、端末のファームウエア更新などを含めた保守も請け負う。端末をバスに取り付けるだけで手軽にバスロケーションシステムを導入できるメリットを訴求する。