日産自動車は2019年9月9日、社長兼CEO(最高経営責任者)の西川広人氏が同年9月16日付で辞任すると発表した。

 西川氏は9月9日に開いた取締役会で辞任の意向を表明。これを受けて取締役会は9月16日付の辞任を要請し、同氏はこれを受け入れた。西川氏の後任のCEOは指名委員会で、2019年10月末までに決める。それまでの間は、COO(最高執行責任者)の山内康裕氏がCEOを代行する。

 日産は9月9日、元会長のカルロス・ゴーン氏などによる不正行為を認定した社内調査結果の概要を公表した。株価連動型報酬制度「SAR」を利用して西川氏が社内規定より多い報酬を受け取っていた問題については、社内調査で「ガバナンス(企業統治)上の問題はあるが、違法性はない」と認定された。西川氏は取締役会に対して、かさ上げされた分を返納することを明言したという。

 同日に会見した西川氏は、「できるだけ早く、けじめを付けたいと考えていた。一連の不正行為に関する社内調査が終わり、SARの件も区切りがついた。業績の回復についても、ある程度の道筋を付けられた。今が次世代へのバトンタッチのタイミングと考えた」と話した(図1)。

図1 日産自動車社長兼CEOの西川広人氏
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら