吉野家ホールディングス傘下で牛丼チェーンの吉野家が、政府のポイント還元制度に参加しない方針であることが2019年9月9日までに分かった。レジなどのシステム改修が間に合わない可能性が強まった。2019年10月の消費増税やそれに合わせたポイント還元を控え、外食や小売業界でシステム対応の混乱が相次ぐ可能性がある。

 吉野家は直営店が大半を占め、ポイント還元の対象になるFC(フランチャイズチェーン)店は一部にとどまる。当初は直営店分を自社で負担し、全店でポイント還元に参加する計画だったが、還元内容のレシートへの記載に関するシステム改修が間に合わない見込みになり、参加を取りやめる方針を固めた。代わりに自社の還元策を検討している。