フジテレビジョンは2019年9月9日、視聴者参加型のコンテンツ連動システムを開発したと発表した。

 新たに開発したコンテンツ連動システムでは、CM放送中に表示されるQRコードをスマートフォンで読み取るだけでCM連動企画に参加できる。これにより、CM放送中の短時間内に事前準備なしで企画に参加することを実現した。既存のテレビとスマホを連動させたシステムでは、視聴者がアカウント登録や専用アプリのダウンロードを求められ、手間とハードルの高さから参加しない視聴者も多くいることが課題だったという。

新システムによる視聴者参加企画のイメージ
(出所:フジテレビジョン)
[画像のクリックで拡大表示]

 「FIVBワールドカップバレー2019 女子」(2019年9月14日から開催)の地上放送のCMにて、同システムを使った視聴者参加企画を初めて実施する。テレビでは、自動車(日産デイズ)に乗った女性が障害物を避けながらバックで駐車スペースに停車するCMが流れ、スマホにはアラウンドビューモニター(真上から見下ろすように車の周囲を表示する)映像がCMと完全に同期する形で流れる。スマホのアラウンドビューモニター映像に現れるキャラクター(バボちゃん)を数えて投票した応募者の中から抽選でプレゼント(日産デイズもしくはQUOカードPay)を贈呈する。