デンソーは2019年9月5日、医療向け情報プラットフォーム事業をカーブアウトし、ベンチャーキャピタルのBeyond Next Venturesと新会社「OPExPARK(オペパーク)」を設立したと発表した。信州大学や東京女子医科大学などで稼働している「スマート治療室(SCOT)」の鍵となる「OPeLiNK(オペリンク)」の技術を普及させる。まずは脳神経外科向けに販売する。今回のカーブアウトに伴い、デンソーで手掛けるヘルスケア事業はなくなるが、将来に向けた探索研究は続けるとした。

東京女子医科大学に導入されたスマート治療室
(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 スマート治療室は、IoTを活用して各医療機器や設備を連携させ、手術中の患者の生体情報などを時系列で統合的に表示させたり、保存したりするもの。OPeLiNKはスマート治療室の要で、異なる通信規格の機器のデータを統合的にアウトプットできるインターフェースだ(関連記事)。アウトプットされた情報を利用すると、遠隔地から手術を支援したり、術後に術者の判断を視覚化して振り返りに利用したりできる。

 OPExPARKは、2019年10月1日から事業を開始する。社長には、消化器内科の臨床医である本田泰教氏が就任。デンソーでOPeLiNKを手掛けてきた、社会ソリューション事業推進部メディカル事業室 室長の奥田英樹氏らがチームに加わり、事業を進める。従業員は合計7人で、資本金は2億5950万円。デンソーの出資比率の詳細は不明だが、「我々はマイノリティー。子会社の扱いではない」(デンソー社会ソリューション事業推進部 部長の永井立美氏)としており、比率は低いもよう。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら