ソニーモバイルコミュニケーションズは9月5日、ドイツ・ベルリンで開催される「IFA 2019」に合わせてフラグシップスマートフォンの新製品「Xperia 5」を発表した(写真1)。今秋以降、日本を含む各国に展開する。

写真1●Xperia 5(出所:ソニーモバイルコミュニケーションズ、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

21:9のシネマワイド画面が持ちやすく進化

 Xperia 5は、2019年2月発表の「Xperia 1」と同じ縦横比21:9のCinemaWideディスプレイを踏襲しつつ、より多くの人に向けたモデルとソニーモバイルは位置付ける。

 ディスプレイはXperia 1の約6.5インチ・4K解像度から、Xperia 5は約6.1インチ・フルHD+に小型化した。その一方で本体幅はXperia 1の72mmよりも4mm狭い約68mmになり、持ちやすさが向上したとする(写真2)。縦長の画面を生かしたマルチウィンドウ機能にも対応する。

写真2●Xperia 5(ブルー色)
[画像のクリックで拡大表示]

 リアカメラはXperia 1とは配列が異なり、Xperia 5では上から望遠・標準・超広角の順に搭載する(写真3)。新機能としては「撮影アドバイス」に対応した。撮影前には指が入り込んでいる、撮影後には被写体ブレが起きたことなどを検出し、通知する機能である。

写真3●Xperia 5の背面(ブルー色)
[画像のクリックで拡大表示]