KDDI(au)は2019年9月2日、法人向けの第5世代移動通信システム(5G)のサービス3種類を発表した。2019年11月から東京・虎ノ門の「KDDI DIGITAL GATE」で試験サービスを提供し、2020年3月から本格提供する。いずれも最小構成で数万円と低価格で提供する。まずは交通や物流、小売り、製造などの各業界を中心に事業展開し、順次対象業界を広げていく方針だ。

 提供するサービスは「AIカメラ」「Intelligent Display」「3Dホログラム」の3種類。AIカメラはKDDIが契約するパブリッククラウド環境に置いたGPUで画像解析用の人工知能(AI)を稼働させ、ユーザー企業の店舗などにあるカメラの画像を解析する。

「AIカメラ」のデモ。天井(画面の左上隅)に設置されたカメラの映像をクラウドへ送り、解析結果をディスプレー(画面右の2枚)に表示する。4GのVGAに対し5GはHDと解像度が高いものの、遅延は5Gでは3秒程度、4Gでは5秒程度と5Gの方が小さかった
[画像のクリックで拡大表示]

 Intelligent Displayはデジタルサイネージとカメラを店舗などに設置し、顧客の属性などに応じた商品を提案できるようにする。

「Intelligent Display」のデモ。デジタルサイネージの前に立った人物が男性か女性かを見分けて、性別に応じた広告を表示する。ここでも5Gの方が反応速度が速いことをアピールしていた
[画像のクリックで拡大表示]

 3Dホログラムはデジタルサイネージの代わりに3Dホログラム表示装置を店舗などに置き、裸眼で見える3D映像を使って来店客などを案内する。

「3Dホログラム」のデモ。美術館での利用を想定している。実物には触れることのできないつぼをバーチャルで触り、回転させたりして鑑賞できる
[画像のクリックで拡大表示]

 KDDIの原田圭悟IoTビジネスIoT企画部長は法人向け5Gサービスにおける差異化戦略について「IoT関連の事業を約20年続けてきた実績と経験、センサーからゲートウエイ、回線、クラウド、分析まで一括提供できるソリューション提供力、顧客企業とサービスを共創できるオープンイノベーションを強みとしていきたい」と語った。

 価格はAIカメラがサーバー1台当たり月額4万円から(税抜き、以下同)、カメラ1台当たり同1万6000円から。Intelligent Displayは1台当たり同4万9000円から。3Dホログラムは1台当たり同7万7000円から。いずれも5G回線の料金は含まない。

 同社は「5Gを含むIoTビジネス全体で、2019年4月~2022年3月の3年間の合計で売上高1000億円を目指す」(原田部長)としている。

■変更履歴
公開当初、サービスの価格に5Gの回線料金が含まれるとしていましたが、正しくは含まれません。回線料金は別途必要です。おわびして訂正します。本文は修正済みです。[2019/9/2 14:05]