米アマゾン ウェブ サービス(Amazon Web Services)は2019年8月23日に発生したクラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)」東京リージョンの大規模障害に関して同月28日、新しい報告をWebサイトに掲示した。障害が発生したサービスを追加したほか、利用企業が複数のアベイラビリティーゾーン(独立性の高いデータセンター群、AZ)横断の冗長構成にしたシステムにも一部で障害(予期せぬ影響)があったと認めた。

 障害が発生していたサービスとして追加したのは日経 xTECHの既報の通り、アプリケーションロードバランサーの「Amazon ALB」、インメモリーキャッシュの「Amazon ElastiCache」、データウエアハウスの「Amazon Redshift」、仮想デスクトップの「Amazon Workspaces」などだ。仮想マシンの「Amazon EC2」、そのディスク「Amazon EBS」、リレーショナルデータベースの「Amazon RDS」については大規模障害が起きた同月23日の時点で公表していた。

 RDS、ALB、ElastiCache、Redshift、WorkspacesはいずれもEC2とEBSを基盤として動作していると推察される。EC2、EBSの障害が波及した形だ。AWSはこれまでそれらのサービスがEC2とEBSを基盤として動作していることを公表していなかったが、同月28日の報告では「基盤としているEC2インスタンスが影響を受けた場合には、当該AZ(アベイラビリティーゾーン)の他のサービス(RDS、Redshift、ElastiCacheおよびWorkspaces等)にも影響がありました」としている。

AWSが2019年8月28日に追加して掲載した障害報告
[画像のクリックで拡大表示]

 このうち冗長構成の要となるサービスであるALBについては、東京リージョンの複数のAZで冗長構成にしていたシステムでも特定の条件下で想定より高い割合でエラーを返すといった「予期せぬ影響」があったことを確認したという。これにより利用企業によっては冗長構成や運用の見直しが必要になるだろう。