TOKYO SMARTCAST(TS社)は2019年8月23日、i-dio(V-Lowマルチメディア放送)上で同社がコンテンツプロバイダーとして提供しているチャンネル「TS ONE」の放送を2019年9月30日に終了すると発表した。

 「TS ONE」はi-dioの放送会社6社(ソフト事業者)を通じて、フラグシップチャンネルの位置付けで、全国で放送されてきた。エフエム東京が2019年8月21日に発表した第三者委員会による報告書によると、当該チャンネルを提供してきたTS社の経営不振がエフエム東京の当時の経営陣による粉飾決算の契機になったとされている。