米アマゾン ウェブ サービス(Amazon Web Services)のクラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)」の東京リージョンで2019年8月23日昼ごろ主要サービスに障害が発生した。同日午後3時時点で障害は続いているもようだ。スマホ決済サービスの「PayPay」など様々なサービスが使いにくい状態になっている。

 AWSがクラウドサービスの運用状況を知らせるサイト「SERVICE HEALTH DASHBOARD」によると、障害が発生しているのは仮想マシンサービスの「Amazon EC2」とリレーショナルデータベース(RDB)サービスの「Amazon RDS」の2つである。

AWSの「SERVICE HEALTH DASHBOARD」(日本時間2019年8月23日午後3時10分時点の内容)
(出所:AWS)
[画像のクリックで拡大表示]

 EC2については、東京リージョンの1つのアベイラビリティーゾーン(独立性の高いデータセンター群)で仮想マシンの障害発生やディスクの性能低下を確認したという。AWSは同日午後2時27分付けで「根本原因を特定し復旧に取り組んでいる」というコメントをSERVICE HEALTH DASHBOARDに掲載した。

 RDSについても東京リージョンの1つのアベイラビリティーゾーンで、接続に関する障害が発生している。同日午後2時22分付けのコメントでは「接続性の問題について調査を進めております」としている。