KDDIは2019年8月21日、大学スポーツ協会(UNIVAS)と5年間にわたるパートナーシップ契約を同日に締結し、大学スポーツの選手育成とファン拡大を支援していくと発表した。

 UNIVASは大学生アスリートへの具体的な支援策として、「キャリア学習支援サポート」や「トレーニングおよびコンディショニングサポート」、「リハビリテーションサポート」などの提供を予定している。UNIVASとKDDIはこれらのサービスを、大学生アスリートにとって、より使いやすく、精緻なデータを基に提供することを目指す。

 UNIVASとKDDIは2020年以降順次、UNIVASに加盟する全222大学・34競技団体の選手やチームの情報を管理する「UNIVAS FUNDAMENTAL DATABASE (UFD)」を共同で構築する予定。このUFDを通じて、選手やチームの情報を管理・活用できるようにサポートする。

 さらに今後、データの活用を希望する大学に在籍する大学生アスリートに対し、競技力データや身体データなどをIoTやウエアラブル、センシングデバイスなどを使い収集する。オンラインコーチングを含む選手への競技指導、練習環境の改善、ケガの予兆検知への活用などをUNIVASと共に提案していく。

 データの収集に当たっては、センサー内蔵型のボールなどIoTデバイスから取得したデータを活用し、選手の技術向上に役立てるスポーツIoTプラットフォーム「アスリーテック」や、アスリートのコンディション・傷害管理を行うWebサービス「ONE TAP SPORTS」の活用を予定する。

 このほかにKDDIは、運動通信社と共同で提供するスポーツメディア「SPORTS BULL」などで、UNIVASが実施する大学スポーツの映像配信を行っていく予定。これまでは観戦機会が限られていた大学スポーツを、スマートフォンやタブレットを通じていつでもどこでも誰でも簡単に観戦できるようにする。将来は大学スポーツでも第5世代移動通信システム「5G」を活用し、映像配信のみならずリアル観戦においても新たな観戦体験を提供してファン層の拡大につなげることを目指す。

 UNIVASは2019年8月21日、マイナビ並びにMS&ADインシュアランスグループ ホールディングス(MS&AD)ともパートナーシップ契約を締結した。マイナビは今回のパートナーシップ契約により、大学生アスリートのキャリア形成に関するサポートをはじめ、UNIVAS設立の理念である「卓越性を有する人材」を世の中に輩出していける体制を共同で構築する。MS&ADは、重大事故の予防など大学スポーツのリスクマネジメントのほか、大学生アスリートが安心して学業やスポーツに打ち込むための活動支援を共同で行っていく。