サイバーエージェントは2019年8月19日、子会社のAJAがメディア向けに提供する広告マネタイズプラットフォームの「AJA SSP」において、京セラコミュニケーションシステムが提供する広告配信サービス「KANADE DSP」とネイティブ広告枠およびバナー広告枠のRTB(Real-Time Bidding)接続を開始したと発表した。

(出所:サイバーエージェント)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の接続により、「AJA SSP」を導入しているメディアは「KANADE DSP」を使う広告主や広告代理店が取り扱うネイティブ広告とバナー広告に対応できるようになった。RTBの接続先の追加によって入札競争が活発になり、販売単価の向上によるさらなる収益拡大が期待できるという。

 AJAはサイバーエージェントがメディア運営において培ったノウハウや技術力を強みに、優良なメディアの収益向上支援や健全な広告取引を推進していくとしている。