LINE証券は2019年8月20日、LINEアプリ上で株式や投資信託を取引できるサービス「LINE証券」をAndroid版で先行スタートさせた。近くiOS版アプリも対応させる。

LINE Financialの齊藤哲彦社長CEO(左)と野村ホールディングスの池田肇執行役員(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 LINE証券はLINE Financialと野村ホールディングス(HD)が2018年6月に設立した共同出資会社。1日7800万人のアクティブユーザーを持つLINEのリーチ力と、長年金融サービスを手掛けてきた野村HDのノウハウを組み合わせ、投資経験のない若年層の顧客を開拓する考えだ。

 同社が目指したのはシンプルな操作性で投資のハードルを引き下げることだ。LINEアプリを経由して最短約3分で口座開設の申し込みができる他、一度口座を開設すればアプリ内の「ウォレット」タブから6タップで証券を取引できるようにした。

6タップで株式などを選択して購入できる
[画像のクリックで拡大表示]

 売買できる銘柄はトヨタ自動車、ヤフー、ZOZOなど有名企業100社に限定した。多くの銘柄は1株数百円から3000円以下で投資できる。他に東証株価指数(TOPIX)、不動産(東証REIT)、9種の国内ETF(上場投資信託)を取引できる。