暗号資産(仮想通貨)取引所大手のbitFlyer(ビットフライヤー)は2019年8月20日、Tポイント・ジャパンと業務提携し、共通ポイント「Tポイント」をビットコインに交換できるようにしたと発表した。共通ポイントで仮想通貨を購入できるサービスは国内で初めて。約7000万人の利用者がいるTポイントに対応することで、女性や高齢者など幅広い顧客層を取り込む狙いだ。

bitFlyerのアカウントと「Yahoo! JAPAN ID」を連携させて利用する
写真提供:bitFlyer
[画像のクリックで拡大表示]

 「仮想通貨は一般に、20~30代の男性ユーザーが多いとされている。身近なTポイントに対応することで、これまで仮想通貨になじみのなかった人にサービスを利用してもらいたい」。bitFlyerの永沢岳志事業戦略本部本部長はTポイントとの連携の狙いをこう説明する。

 ビットコインを購入する際に現金のほか、Tポイントを選べるようにした。Tポイントの場合は100ポイントでビットコイン85円相当を購入できる。Tポイントを登録済みの「Yahoo! JAPAN ID」とbitFlyerのアカウントを連携させて利用する。最低利用は100ポイントから。

 またビットコインを決済に使うと、Tポイントがたまるようにもした。家電量販店大手のビックカメラやヤマダ電機のほか、旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)などの代金決済時にビットフライヤーのアプリ「bitFlyer ウォレット」を使って支払うと、500円ごとに1ポイントがたまる。全国の約300店が対象となる。

 Tポイントで交換できるのは、現時点ではbitFlyerで扱う仮想通貨7種類のうちビットコインの1種のみ。「利用者の反応を見てそのほかの通貨については今後検討していきたい」(永沢氏)とする。