トヨタ自動車とPreferred Networks(PFN)は2019年8月7日、トヨタの生活支援ロボット「Human Support Robot(HSR)」をプラットフォームとした研究開発を共同で始めると発表した。一般的な生活環境で使えるサービスロボットの早期実現を目指す。

開発プラットフォームとなるトヨタ自動車の生活支援ロボット「Human Support Robot(HSR)」
(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 両社の技術やノウハウを持ち寄ることで「一般的な生活環境の中でロボットが自ら学習し、様々なタスクを遂行できるレベルのサービスロボットの開発」(ニュースリリース)を目指すとしている。

 トヨタがHSR数十台をPFNに貸し出し、今後3年間にわたって両社が連携して研究開発を進める。既存の知的財産などの情報を共有し、研究の成果も両社が自由に活用できるようにして、実用化に向けた研究開発を加速させる。

 HSRはトヨタが2012年に開発し、これまで国内外13カ国、49機関で研究開発に活用されたという。PFNはCEATEC JAPAN 2018で、HSRに深層学習技術を組み込んだ「全自動お片付けロボット」のデモを見せた。