日本ヒューレット・パッカード(HPE)は2019年7月30日、基幹系システムなどで使うフラッシュストレージ装置「HPE Primera(プライメエラ)」を発表した。価格は2039万1000円から。受注開始日は2019年8月8日。購入のほかリースや使用容量に応じた支払いなど、複数の料金体系を用意する。

日本ヒューレット・パッカードが発売する「HPE Primera(プライメエラ)」
[画像のクリックで拡大表示]

 ストレージの状態をHPEが遠隔監視するサービス「HPE InfoSight」を契約して、HPEが随時提供するソフトウエアアップデートを適用するなど、一定条件を満たすと無料で「可用性100%保証」を受けられる。HPE Primeraに障害が発生してダウンタイムが生じた場合、HPE Primeraの追加購入やアップデートに使えるクレジットを提供する。

 インターネットから切り離された環境で基幹系システムを構築・運用する顧客向けに、HPE InfoSightの一部機能をHPE Primera内に組み込んだ。これにより、自己診断でシステムの性能や負荷を予測したり、異常を検出したりできる。