日本オラクルは2019年7月29日、顧客企業の業務をデジタル技術で変革するデジタルトランスフォーメーション(DX)案件の専門部署を新設したことを明らかにした。Oracle Cloudの東京リージョン開設などを契機に、国内顧客のDX案件を開拓する。

 同社は新部署「Digital Transformation推進室」を2019年6月に開設した。当面は約10人程度の陣容で、中小企業向けの「Oracle Digital」の営業部隊や大企業向けのOracle Cloud専任営業などを後方支援する。顧客企業のデータベースなどに蓄積されたデータを基に業務変革するためのOracle Cloudやデータの活用法などを提案する。Oracle Databaseなど同社製品の既存顧客以外も、顧客企業内に活用可能なデータが蓄積されていれば提案の対象に含むとする。

ブロック型玩具を使い、Oracle Cloudによる業務の自動化のデモを実施した
[画像のクリックで拡大表示]

 7月29日に開催した報道関係者向けの説明会では、Oracle Cloudとブロック型玩具を使い、(1)受注した製品の製造ラインを自動で稼働させる(2)製造ラインにおける温度上昇などの異常を検知すると自動停止する(3)自動停止した製造ラインの修理に必要な部品を自動で取り寄せ処理する――といったデモを披露した。

日本オラクルの竹爪慎治執行役員
[画像のクリックで拡大表示]

 この時期にDXの専門部署を新設した理由について、クラウド事業戦略を統括する竹爪慎治執行役員は「東京リージョンの業務開始を待っていたのが一因。スタートアップと組むには遅いが、(同社が主要顧客と位置付ける)大企業におけるDXはこれからだ。まだ時期を逸してはいないと思う」と語り、DX案件の開拓に向け自信を示した。