アイロボットジャパンは2019年7月23日、床拭きロボット「ブラーバ ジェットm6」を2019年7月26日に日本で発売すると発表した。部屋の間取りを記憶する技術を搭載し、従来機種よりも短時間で効率的に掃除できる他、ルンバと連携させた掃除も可能である。

アイロボットジャパンの挽野元代表執行役員社長。新製品「ブラーバ ジェットm6」を披露した
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 ブラーバ ジェットは、専用のクリーニングパッドを取り付けて使用する床拭き専用のロボット掃除機である。ジェットスプレーを搭載し、水を噴射してから油汚れやこびりつき汚れなどを拭き取る「水拭き」と、ホコリや髪の毛を拭き取る「から拭き」の2種類のモードを切り替えられる。

 新製品はブラーバシリーズとして初めて、室内の環境を認識するカメラを搭載。2019年2月に日本で発売したロボット掃除機の上位モデル「ルンバi7」「ルンバi7+」が搭載する地図作製機能「Imprintスマートマッピング」に対応する。この機能では、1度家の中を掃除させると間取りを学習し、以降は効率的に短時間で掃除できるようになる。1度間取り図を学習させれば、スマートフォン(スマホ)アプリ「iRobot HOME」でキッチンや洗面所など特定の部屋だけを掃除することも可能だ。

新製品は部屋の間取りを学習する「Imprintスマートマッピング」技術を搭載
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 加えて、ルンバi7シリーズと連携動作させる「Imprintリンク」技術を搭載した。事前にアプリで指定しておけば、ルンバが掃除を終えてクリーンベース(充電ポート)に戻った後、自動でブラーバが掃除を開始する。例えば、ルンバで家の中全体を掃除し、その後ブラーバでキッチンだけを拭き掃除するといった使い方が可能である。2019年末までにルンバ900シリーズとの連携にも対応する予定である。「我々は家の中のロボット同士が連携し、人の手を煩わせず気付かぬうちに部屋がきれいになっている世界を目指している。ルンバとブラーバの連携はその第1歩」(アイロボットジャパンの挽野元代表執行役員社長)。

 価格は税別で6万9880円。アイロボット公式ストアと全国のアイロボット認定販売店で販売する。販売計画については明らかにしなかったが、挽野社長は「多くの顧客に使っていただけると確信している」と意気込みを語った。