富士通と能楽協会は2019年7月18日、ICT分野でパートナーシップ契約を結んだと発表した。能楽協会と日本能楽会が2020年7~9月に開く「東京2020オリンピック・パラリンピック能楽祭」に向け、ICTを活用して新たな鑑賞体験を提供したり、チケット販売の利便性を高めたりすることを目指す。

 第1弾として、能楽協会と日本能楽会が2019年7月31日と8月4日に開催するイベントで実証実験を展開する。富士通のウエアラブル端末「Ontenna」と、ヘッドマウント型ディスプレー「RETISSA Display」を活用し、聴覚障害を抱える人や訪日外国人などでも能楽を楽しみやすくする。