スイスSwisscom(スイスコム)は2019年7月16日、韓国SK TelecomおよびフィンランドElisaと5Gローミングサービスで連携することを発表した(Swisscomのニュースリリース)。

 Swisscomは2019年4月に5Gサービスを開始(関連記事1関連記事2)。同社の5Gスマートフォンユーザーは、フィンランドで2019年7月17日から、韓国では同年7月中に5Gデータネットワークの使用が可能になる。同社は現在、世界630パートナーのネットワークと連携してローミングサービスを展開しているが、今回の5Gローミングサービスに続き、今後数週間のうちにさらに提携パートナーを増やして、5Gローミングサービスを充実させていくとしている。

出所:Swisscom
[画像のクリックで拡大表示]

 世界に先駆けて5Gサービスを開始したSK Telecom(関連記事3)も、今回のSwisscomとの提携を受けて、スイスでの5Gローミングサービスを韓国時間の2019年7月16日午前0時に開始する(SK Telecomのニュースリリース)。同社は、これが世界初の5Gローミングサービスになるとしている。韓国Samsung Electronics(サムスン電子)の「Galaxy S10 5G」のユーザーは、ソフトウエアをアップグレードするだけで、スイスでの5Gサービスを使用可能になる。同社では、今後、LG Electronicsのスマートフォン「V50 ThinQ」対応版ソフトウエアアップグレードも用意するほか、世界中の国々に5Gローミングサービスを広げていくとしている。

出所:SK Telecom
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、Elisaも自社ユーザーに対し、有償(19.90ユーロ)となるが、スイスでの5Gローミングサービスを提供すると発表している(Elisaのニュースリリース)。