NTTデータは2019年7月17日、全英オープンゴルフ(2019年7月18日~21日開催)の会場で、生中継されている映像にAI技術を活用して自動でタグ付けする映像解析技術の検証を実施すると発表した。

 全英オープンゴルフの中継映像を対象に、事前学習を行ったAIで選手名やホール番号などの情報を自動で抽出する。また選手の動きを解析して、ショットの種類やガッツポーズの瞬間の自動抽出を行う。

 抽出されたデータを映像に自動でタグ付けして、編集者が効率的かつ迅速に様々な切り口でシーンを編集できるようにする。編集した映像は、会場に設置したデジタルサイネージ「NTT DATA Wall」と、専用スペースのタブレットなどを通じて来場者に提供する。中継映像をAIが分析した結果を基に象徴的なシーンを切り取ったハイライト映像や、「選手」「ガッツポーズシーン」「盛り上がったシーン」など様々な切り口で編集した中継映像を来場者が視聴できるようにする。

 このほかにNTT DATA Wall前で中継映像を見ながら観戦している観客の映像から、匿名化されたスコア情報を取得し観客の盛り上がりを分析する。その分析結果をもとに、各日の盛り上がったシーンをNTT DATA Wall上で試合の経過とともに、随時情報を更新しながらランキング形式で発表する。

映像解析技術による動画編集のイメージ
(出所:NTTデータ)
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTデータは、今回の映像解析技術の活用により、メディア業界やスポーツ業界など、映像を取り扱うあらゆる業界のデジタル変革をサポートし、3年後までに売り上げを30億円規模に拡大することを目指す。