「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2019 in Mitaka」は2019年7月15日、コンテストに参加するプログラム作品の募集を開始した。「ゲーム部門」とそれら以外の「クリエイティブ部門」の2部門があり、募集期間は9月30日まで。中高生国際Rubyプログラミングコンテスト実行委員会が発表した。2011年に始まったコンテストは今回が9回目の開催となる。

 過去1年以内に中学・高校生の応募者が自らがRubyで作成したオリジナルプログラムを募集する。ゲーム以外のプログラム作品については、Webアプリケーションや各種ツール、ロボット制御プログラムなどを想定する。11月上旬の一次審査はRubyエンジニアによるソースコードレビューで、操作性や技術力、マニュアル作成能力などを審査する。レビュー結果は応募者にフィードバックされる。

 一次審査を通過した約10組は12月7日の最終審査会でプレゼンテーションを行い、Ruby開発者のまつもとゆきひろ審査委員長などがそれを審査する。ゲーム部門、クリエイティブ部門各部門1組ずつに最優秀賞、優秀賞を授与する。

 中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2019 in Mitakaは、三鷹市が出資する第三セクターのまちづくり三鷹や、Rubyの普及推進組織であるRubyアソシエーションなどで構成する実行委員会が開催する。