図1:「MOTOMAN-HC10DT 防じん・防滴仕様タイプ」
可搬質量は10kg、最大リーチは1200mm。(出所:安川電機)
[画像のクリックで拡大表示]

 安川電機は協働ロボットの新機種として、可搬質量が10kgで防じん・防滴性を高めた「MOTOMAN-HC10DT 防じん・防滴仕様タイプ」を発売した(図1、ニュースリリース)。最大リーチが1200mm。IEC規格のIP67に適合する構造を全軸で実現し、標準仕様に比べて耐環境性を高めた。

 IP67は、ちりやほこりが侵入せず一時的な水没から保護できることを示す。加えて新機種では、表面にアクリレウレタン塗装を施し、先端フランジにステンレス鋼を採用した。これらにより、水洗が必要な用途にも適用できる。工作機械への被削材の投入の他、食品や薬品、化粧品の搬送などに向く。

 ロボット先端部にコネクターを配置し、ツールを直接取り付けられるようにしたことにより、セットアップ時間を縮められる(図2)。併せてEhternetケーブルを収めたロボット内蔵ケーブルを用意しており、ロボット先端部にカメラなどを搭載しやすい。価格は要相談。

図2:ロボット先端部に搭載したコネクター
(出所:安川電機)
[画像のクリックで拡大表示]