ドイツ・フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)は2019年7月10日、環境への取り組みに関する声明「goTOzero」を発表した。goTOzeroは、製品とモビリティーサービスのすべてにおいて、エコシステムを維持し社会にポジティブな影響を与えるための行動規範を定めたもの。

(出所:Volkswagen Group)
[画像のクリックで拡大表示]

 原料採取から使用終了後の廃棄に至る製品ライフサイクル全体に渡って、環境への影響を最小限に抑えることを目指している。できるだけ環境に優しく、CO2フリーのバランスシートになる事業方法を定め、2050年までに達成するという目標を設定した。

 goTOzeroは、気候変動、資源管理、大気汚染、環境コンプライアンスの四つの行動分野から成り、ブランドごとに実践する多くの環境プログラムに戦略的な方向性を与える。

VWが2019年末から発売予定の量産型EV「ID.」ファミリー
(出所:Volkswagen Group)
[画像のクリックで拡大表示]