フィリピン出入国管理局は2019年7月9日、著作権法違反の容疑で日本当局が行方を追っていた人物を拘束したと発表した。入管は同人物が海賊版サイト「漫画村」を運営していたとされるロミ・ホシノ容疑者(28歳)と特定したとしている。

 同入管によれば、ホシノ容疑者は2019年7月7日にマニラのニノイ・アキノ国際空港で拘束された。日本大使館は同容疑者の強制送還について各所と必要な調整をすると伝えたとしている。

 漫画村は2016年1月から2018年4月にかけて、違法にコピーした漫画などの著作権侵害コンテンツを配信していた。被害額は3200億円にのぼるとの試算もある。