韓国・現代自動車(Hyundai Motor Group)は2019年7月3日、新しいエンジンバルブ制御技術「Continuously Variable Valve Duration(CVVD)」を発表した。CVVDは運転状況に応じてバルブの開閉時間を制御するもの。エンジン性能を4%、燃費を5%向上し、排ガス中の有害物質の排出量を12%削減できるという。このCVVD技術は同時に発表した新しいガソリンターボエンジン「Smartstream G1.6 T-GDi」に採用し、2019年後半に発売予定の「Sonata Turbo」に搭載する予定。

(写真:Hyundai Motor Group)
[画像のクリックで拡大表示]

 エンジンは、燃料の吸入、圧縮、膨張、排気サイクルで出力を生成する。現在使われている可変バルブ制御技術は、バルブを開くタイミング(CVVT)や、開く深さ(CVVL)を制御するものだ。これらのバルブ制御技術では、バルブが閉まるタイミングは開くタイミングによって決まるため、バルブを開いている時間の調整はできず、多様な運転状況に対応できなかった。CVVDは、バルブが開いている時間を調整する。

 CVVDでは、定速走行でエンジン出力が低い場合、吸気バルブを圧縮工程の半ばから終わりまで開く。その場合、圧縮による抵抗が少なくなり燃費を向上できる。一方、加速時はエンジン出力が高くなり、爆発に使用する空気量を最大にするため吸気バルブを圧縮工程の初めに閉じる。これにより、トルクを高め加速を促進する(関連動画)。