セブン&アイ・ホールディングス傘下のセブン・ペイは2019年7月4日、都内で記者会見を開き、バーコード決済サービス「7pay」の一部アカウントが第三者による不正アクセスを受けたと発表した。セブン・ペイの小林強社長は、「多大なるご心配、ご迷惑をおかけしましたことを深くおわび申し上げます」と陳謝した。

記者会見の様子
[画像のクリックで拡大表示]

 7月4日午前6時時点で、不正アクセスの被害を受けたとみられる人数は約900人。被害の総額は約5500万円に達した(いずれも試算)。7月2日に「身に覚えのない取引がある」との問い合わせが入り、社内調査を進めた結果、7月3日に不正利用を確認した。同社は、今回の不正アクセスに関する全ての被害を補償するとしている。

 原因の詳細は調査中。クレジットカードとデビットカードからのチャージは既に停止しており、店頭レジやセブン銀行ATMによる現金チャージ、nanacoポイントからのチャージなど全てのチャージを一時停止した。近く7payの新規登録も停止するが、チャージ済みの金額についてはそのまま利用できるとした。同社は原因追及を徹底的に行い、抜本的な解決に向けて改善策を図っていくとしている。