フジテレビ系列28局で構成されるFUJI NEWS NETWORKは2019年7月3日、デジタルニュースメディア「FNN.jpプライムオンライン」がプログラマティックなインターネット広告の取引を最適化する目的で、「FLUXヘッダービディングソリューション」の本格運用を同日に開始したと発表した。

 ヘッダービディング(ヘッダー入札)とは、ユーザーがWebサイトにアクセスし、Webサイトのヘッダー情報(HTML上に記載された各種の属性情報)が読み込まれるタイミングで、複数のSSP(Supply-Side Platform)などの広告プラットフォームに、同時に広告リクエストを送信する仕組み。FUJI NEWS NETWORKは、FLUX ヘッダービディングソリューションを通じて、約10社の広告プラットフォームと同時に接続する。

「FLUXヘッダービディングソリューション」の概念図
(出所:FUJI NEWS NETWORK)
[画像のクリックで拡大表示]

 FAXやメールを使った一括見積もり依頼のようなイメージで、広告主に一括で問い合わせを送り、各社から返答を受け取る。これまでインターネットの広告取引では、まずA社に確認し、条件が合わなければB社に確認するという、いわゆる「ウォーターフォール」と呼ばれる形式が主流だったという。

 FUJI NEWS NETWORKは2019年6月24日からFLUXヘッダービディングソリューションの試験運用を行っていた。今回、本格運用を開始して、より公平な広告入札の機会を創出し、自社サイトの広告在庫を最大限活用することを目指す。