ソフトバンクは2019年7月2日、7月26~28日に新潟県の苗場スキー場で開催される音楽イベント「FUJI ROCK FESTIVAL'19」(以下、フジロック)で、一般ユーザーが体験可能な5G(第5世代移動通信システム)のプレサービスを提供すると発表した。同社調べで、音楽フェスで5Gプレサービスを提供するのは日本初としている。

ソフトバンクの5Gプレサービスの概要
(出所:ソフトバンク)
[画像のクリックで拡大表示]

 プレサービスでは、フジロックのYouTube公式チャンネルがライブ配信する映像を、5Gネットワークを通して会場内の「ソフトバンクブース」のVRヘッドセットで視聴できる。また、5Gネットワークを使って各会場の混雑情報を配信するアプリと、5Gネットワークを通して届けられる画像を基に解析した会場の様子を3D空間に再現するアプリを提供する。

 プレサービスで使う5G端末は、シャープとソニーモバイルコミュニケーションズが提供する。2社が開発した5G実証実験用スマートフォンを、5Gプレサービス向けに利用する。このうちシャープは同日、5Gプレサービス用に開発したスマートフォンをソフトバンクに納入すると発表した。「AQUOS R3」をベースに開発したもので、Sub6(6GHz未満の周波数帯)とミリ波(28GHz帯などの高い周波数帯)の両方に対応しているという。

シャープの5Gプレサービス用スマートフォン
(出所:シャープ)
[画像のクリックで拡大表示]