スカパーJSATとNTT東日本およびNTT西日本は2019年7月1日、光回線を使ったテレビサービス(「フレッツ・テレビ」など)において、新4K8K衛星放送のBS/110度CS左旋4K・8K放送の提供を9月1日に開始すると発表した。

 3社は2018年12月から「フレッツ・テレビ」などで、BS右旋4K放送(5チャンネル)を提供している。今回のBS/110度CS左旋4K・8K放送の提供開始により、現在放送されている新4K8K衛星放送の全チャンネルの受信に対応する。

 BS/110度CS左旋4K・8K放送の提供開始に先立ちスカパーJSATは、BS/110度CS左旋4K・8K放送の視聴に用いる「光対応新4K8K衛星放送アダプター」の申し込み受け付けを2019年8月26日に開始する。販売価格は9720円(税込み)。

 BS/110度CS左旋4K・8K放送は、従来のBS/110度CS右旋放送よりも高い中間周波数(~3.2GHz)を用いるため、アンテナで視聴する際にはアンテナや宅内の設備を左旋放送の中間周波数に対応したものにする必要がある。「フレッツ・テレビ」などと契約し、アダプターを利用すれば、宅内の設備が左旋放送の中間周波数の帯域に対応していない場合でも、設備を大幅に変える必要なく、BS/110度CS左旋4K・8K放送を視聴できるようになる。

BS/110度CS左旋4K・8K放送を視聴する世帯の宅内設備のイメージ
(出所:スカパーJSAT、NTT東日本、NTT西日本)
[画像のクリックで拡大表示]