ルネサス エレクトロニクスは、代表取締役社長兼CEOが交代する人事を発表した(ニュースリリース1)。現代表取締役社長兼CEOの呉 文精氏が2019年6月30日付で取締役を含めて退任し、同年7月1日付で現在は取締役執行役員常務兼CFOである柴田 英利氏が、代表取締役社長兼CEOに昇格する(ニュースリリース2)。

柴田 英利氏。ルネサスの写真
[画像のクリックで拡大表示]

 同社によれば、交代の経緯は以下の通り。足元の業績悪化および2016年度に設定した中期的に目標とする財務指標との乖離が大きくなっていることに対して、同社が取締役会の任意の諮問機関として設置している指名委員会がその責務として、現代表取締役社長兼CEOの呉氏が今後の同社の業績の回復および成長軌道への復帰を実現させる経営トップとして適任かどうかの評価を実施した。

 その評価の結果、呉氏は今後の経営トップとしては指名委員会の期待を満たしていないこと、また、同社の現況および競合他社の動向を踏まえると、早期の交代が必要であると指名委員会は判断した。この評価結果を踏まえ、2019年6月25日の同社取締役会にて指名委員会から社長兼CEOの交代を推奨する旨の答申がなされた。取締役会は、この答申を受けた呉氏からの辞任の申し出を受け、これを受理した。後任は、これまで約2か月間にわたって指名委員会で協議を重ね、答申された内容に基づき、柴田氏を6月25日の取締役会において、新しい代表取締役社長兼CEOとして選任した。

 柴田氏は、同社が経営危機にあった2013年11月に産業革新機構から入社し、取締役執行役員常務兼CFOとして人件費削減や生産拠点の再編等、構造改革を推進したという(関連記事1関連記事2関連記事3関連記事4)。また構造改革後、成長に向けた重要施策である米インターシル(Intersil)および米IDT(Integrated Device Technology)の買収においても重要な役割を果たしたとされる(関連記事5関連記事6)。

柴田 英利氏の略歴。ルネサスの表
[画像のクリックで拡大表示]