セイコーホールディングス(HD)傘下のアイ・アイ・エム(IIM)は2019年6月21日、全日本空輸(ANA)と同社システム関連会社のANAシステムズが、システムの稼働状況などを一元管理できるソフトウエアを導入したと発表した。将来的にANAシステムズが運用管理している全サーバーに同ソフトを展開する予定だ。

 ANAとANAシステムズは2019年4月から、IIMが販売する米社のソフト「Dynatrace」を導入し始めた。主要なシステムの稼働状況などをリアルタイムで監視し、障害が起こった際に原因や影響箇所を素早く特定して対策を立てやすくなる。