住友商事は2019年6月21日、総務省より5G(第5世代移動通信システム)の実験試験局免許を取得し、ローカル5Gを活用した国内初の屋内外実証実験を行うと発表した。

 総務省、ケーブルテレビ業界、住友商事グループ会社などの協力を得て、ローカル5Gの導入が予定されている28GHz帯(28.2G~28.3GHzの100MHz幅)を利用した実証実験を行う。

 実証実験では、通信距離の変化や建物などの障害物の有無、気象環境の変化が無線通信に及ぼす影響を屋内外で検証する。また、ローカル5Gの実際のユースケースを想定した実験として、総務省からの業務請負によりジュピターテレコム(J:COM)や愛媛CATVなどと共同で、ケーブルテレビの既存インフラとローカル5Gシステムを組み合わせた環境での超高精細映像(4K/8K映像)の無線通信伝送実験を行う。

 さらに、住友商事マシネックスなどと共同で、工場向けを想定した高精細映像リモート監視や、テレワークでのVR会議など近未来の5G活用を想定した実証実験を行う。